Sherlockが宝塚に登場!

f:id:Sherlock2016:20210916193938j:image

先日、初めて宝塚を観劇してまいりました!

 

というのも、今回は宙組による

『シャーロックホームズ』

 

今、人気でなかなかチケットも手に入らないらしく、と困っていたところ、

お世話になっているお客様からのご好意で、

チケット用意していただきました。(席もスペシャル!)

 

宝塚のキャストの方々の歌、踊り、演技に舞台装置がクルクル回って、豪華に作り込んだ作品に口が開いたままになってました。凄い!

 

しかも、シャーロック役の真風さんがカッコいい!去り際のウィンクがたまらない。

自分の性別分からなくなるくらいです。

 

初の宝塚を堪能させていただきました。

 

これはハマりますねー、

また、違う公演も見にいきたいですね。

Sherlock Select 詰め替えボトル第2弾

f:id:Sherlock2016:20210910182037p:image

 

SherlockSelectの詰め替えボトル、第2弾です!

 

ボトルを100mlの小さなボトルに移し替え、5本セット、3本セットで販売しております。

 

今回はさらに商品が充実しました。

 

一本だと多すぎる、少しずつ飲み比べしたい方、試してみたい方。また、お酒好きの方へのギフトにもピッタリです!

 

 

ご購入はインターネットでの委託販売とさせていただきます。

 

詳しくはこちらをクリックしてください。

   ↓↓↓↓↓↓

https://ilcannone.jp/?mode=f1

 

臨時休業延長のお知らせ

f:id:Sherlock2016:20210910164027j:image

緊急事態宣言延長に伴う、政府からの休業要請に従い9月30日木曜日までの期間、Sherlockは臨時休業を延長いたします。

 

長い長い休業要請ですが、これが最後だと信じて、再開して皆様に笑顔でお会いできる日を楽しみに、しっかりと準備を進めてまいります。

 

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

あっ、写真に謎が!

廣田将人のバーテンダー奮闘記 第13話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210908081516j:image

今回のテーマは、スコットランドシングルモルトウイスキー「オーバン14年」です。

 

西ハイランド中心地の街、オーバンは古くから港町として栄えていました。


f:id:Sherlock2016:20210908081521j:image

1794年に創立された蒸留所は、スコットランドでも最古の蒸留所のひとつです。

 

ポットスチルは、ランタンヘッド型のスチルを初留、再留合わせて2基のみ。


f:id:Sherlock2016:20210908081518g:image

内側の表面積がストレートタイプよりも広くなることで、より軽快な味わいの原酒を生み出します。

 

「オーバン14年」はハイランドとアイランズの特徴を併せ持つ個性派のモルトと呼ばれています。

フルーティな華やかさ、ちょっぴり潮気と軽いピート香がなんとも複雑な風味の印象です。

 

 

味わいもさることながら、実はラベルに描かれているカモメが1番のお気に入りポイント!

港町出身の僕としては、なんだか故郷を思いださせてくれます♪( ´▽`)

廣田将人のバーテンダー奮闘記 第12話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210828015240j:image

今回は、スペインのシェリー酒「サンレオン マンサニージャ」について。

「サンレオン」で有名なこの醸造所の創業者は、レオン・デ・アルグエソ。


1822年に創設された歴史あるシェリー蔵は、今なお家族経営が続けられています。


マンサニージャとは、海に近い街のサンルーカル・デ・バラメダで造られるシェリーのこと。


繊細でフレッシュ、辛口でカモミールのような香りと独特の塩気が印象的です。f:id:Sherlock2016:20210828015234j:image

 

熟成には、ソレラシステムと呼ばれるシェリー独自の熟成システムで最低7年間熟成されます。

f:id:Sherlock2016:20210828015237j:image

 

継ぎ足し方式は、すごく面白い発想ですよね、

秘伝のタレ的な!


僕がシェリーに興味を持ったのは、セミナーがきっかけでした。


当初はあまり理解出来ず、並べられたテイスティンググラスの中のシェリーに、ただただ感動していたのが、懐かしいです!

廣田将人のバーテンダー奮闘記 第11話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210817193105j:image

今回は、少しマイナーな蒸留酒アクアビット「オールボー タッフェル」について。

 

 

ユトランド半島最北端の街、オールボーで造られる、デンマーク原産のアクアビットです。

f:id:Sherlock2016:20210817193116j:image

じゃがいもを主原料に蒸留したスピリッツを造り、

キャラウェイの種子を主体にフェンネル、アニスなどのハーブで風味付けをし、さらに蒸留して造るそうです。

 

f:id:Sherlock2016:20210817193127j:image

 

なんだか工程だけを見てるとジンに似てるのかな?と思い飲み比べてみました。

 

ジンよりも少し薬草系のクセが強い印象で、

個人的には、すごく面白く、魅力的なスピリッツだと思いました!

 

 

アクアビットベースの「コペンハーゲン」という有名なカクテルがありますが、

いつか挑戦してみたいカクテルです♪( ´▽`)

 

アクアビット        2/4

マンダリン・リキュール   1/4

ライム・ジュース      1/4

シェークして、カクテル・グラスに注ぐ

(NBAオフィシャルカクテルブックより)