廣田将人のバーテンダー奮闘記 第13話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210908081516j:image

今回のテーマは、スコットランドシングルモルトウイスキー「オーバン14年」です。

 

西ハイランド中心地の街、オーバンは古くから港町として栄えていました。


f:id:Sherlock2016:20210908081521j:image

1794年に創立された蒸留所は、スコットランドでも最古の蒸留所のひとつです。

 

ポットスチルは、ランタンヘッド型のスチルを初留、再留合わせて2基のみ。


f:id:Sherlock2016:20210908081518g:image

内側の表面積がストレートタイプよりも広くなることで、より軽快な味わいの原酒を生み出します。

 

「オーバン14年」はハイランドとアイランズの特徴を併せ持つ個性派のモルトと呼ばれています。

フルーティな華やかさ、ちょっぴり潮気と軽いピート香がなんとも複雑な風味の印象です。

 

 

味わいもさることながら、実はラベルに描かれているカモメが1番のお気に入りポイント!

港町出身の僕としては、なんだか故郷を思いださせてくれます♪( ´▽`)