廣田将人のバーテンダー奮闘記 第2話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎


f:id:Sherlock2016:20210524201224j:image


第二回目のテーマは、シャーロックでも大人気ラム
デパズ レゼルブ・スペシャル VSOPです!


カリブ海に浮かぶ島マルティニーク島で造られるこのデパズですが、その歴史は古く、蒸溜所が建てられたのはなんと1651年で現在の蒸溜所は1902年のペレ山の噴火の時に再建されたものだそうです。


オーク樽で7年間熟成されていて、バランスが良く、まるで良質なブランデーを飲んでいるかの様な印象です(*゚▽゚*)
これは吉本が絶賛するのも納得です、、


そして、個人的にずっと気になっていたのは「なぜラムなのにVSOPなの?」という点でした!


詳しい経緯については分からなかったですが、マルティニーク島がフランスの海外県であることは大きく関係してるみたいですね!
フランス国内で販売するのに顧客に分かりやすい、海外にはフランス産のラムであることをアピールしたいなど、
またマルティニークAOCにはVSOPやXOなどの規定がないことからもブランディングの一環としてこの表記を採用していると推測されているみたいですね( ̄▽ ̄)!