廣田将人のバーテンダー奮闘記 第5話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210615100707j:image

 

今回は、世界初のラグジュアリーウオッカ「ベルヴェデール」です!

 

ウオッカ発祥の地、ポーランドで生まれたベルヴェデール。


名前の由来は、かつて王族が住んでいた「ベルヴェデール宮殿」にちなんでいるのだとか…!

 

 

原料には、厳選されたライ麦を使用しており、

仕込み水には、井戸から汲み上げた超軟水のみを使います。

 


4回の蒸溜と33回もの品質管理検査が重ねられており、味わいはとても滑らかです!

 

 

実はこのベルヴェデール、映画「007 スペクター」とのパートナーシップを記念した限定ボトルがあるんです!

 


今更ながら「007シリーズ」を観てる私としては、欲しいものリストに追加です(*゚▽゚*)

廣田将人のバーテンダー奮闘記 第4話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210608021959j:image

 

今回は、フランスのジン「ル・ジン」について簡単にまとめてみました!

 

リンゴを原料に使った蒸溜酒のカルヴァドス

その有数の造り手のクリスチャン・ドルーアン社が作るこのジンは、一言でいえばリンゴのジン!

 

自社栽培された30品種のリンゴを使ったベーススピリッツに、全8種のボタニカルを個々に漬け込んで蒸溜したものを最後にブレンドして作る。

 

フルーティで華やかな味わいに、ボタニカルが加わった複雑さはまさにエレガントの一言!

ストレートやロックは勿論、ハイボールにして飲むのもオススメです!

 

実はこのジン、私が初出場したカクテルコンペティションで使わせて頂いきました。味わうといつも初心に戻れる思い出の一本なのです(*^_^*)

お疲れ様でした

皆様お元気ですか?

休業要請が続き、Sherlockも長期に渡り休業になり大変ご迷惑をおかけしております。

本来ですと、直接お知らせできれば良かったのですが、約二年間Sherlockに勤めてくれた櫻井克茂君が、この度5月で退社いたしました。

本人からどうしても皆様へご挨拶したいとの事でしたので、このブログにて紹介させていただきます。

 

f:id:Sherlock2016:20210602155503j:image

皆様お久しぶりでございます、櫻井です。


突然のご報告になり申し訳ございません。

この度、約2年間お世話になりましたシャーロックを5月いっぱいで退社し、地元岐阜にて家業を継ぐことになりました。


緊急事態宣言中という事もあり、大変お世話になった皆様にご挨拶できなかったのが唯一の心残りです。


2年の間に学ばせていただきました、「気配り」「人と人の繋がり」を大切に次の仕事にも活かしていきたいです。


コロナが落ち着き、私がシャーロックを訪れた際には、皆様とお会いできる事を楽しみにしております。


まだまだ油断できない日々が続きますが、ご自愛のほど心よりお祈りしております。

今まで本当にありがとうございました!

f:id:Sherlock2016:20210602154230j:image

 

 

とても残念ですが、これからもナイスキャラで私達を遠くから見守ってくれる事と思います。

 

新生Sherlockも休業要請があけましたら、元気に再開にしますので、今後とも末永くよろしくお願いいたします。

 

廣田将人のバーテンダー奮闘記 第3話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210601094529j:image


今回は、私がテキーラを好きになるきっかけになった「フォルタレサ ブランコ」について勉強してみました!


テキーラ2大産地"ハリスコ州バジェス地方にあるフォルタレサ蒸溜所。
重量110Kg以上のアガベを原料とします。
なんと一般的なアガベの2倍以上の重さ!
育成に年数がかかるため、辛味の少ない柔らかな味わいになるのだとか…。


まずは原料の糖化。
レンガ造りのオーブンで30時間かけて加熱。また石臼で7時間かけて繊維質を壊さないようゆっくりと搾汁。この工程により、特有の青さが減り、雑味が取り除かれます。


その後、糖液のみを3日半かけて自然発酵させ、銅製のポットスチルで2回蒸溜します。
手間暇を惜しまないテキーラ作りへの情熱が伝わってきます!


私もバーテンダーとして負けないぐらいの情熱を持ってお店作りや、カクテル作りに一層励みたいと思いました(*゚▽゚*)

臨時休業延長の延長のお知らせ

f:id:Sherlock2016:20210530183359j:image

緊急事態宣言による、要請に従い引き続き6月20日(日)までの間、Sherlockは休業とさせていただきます。

 

皆様には、大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

 

少しでも早く、穏やかで活気に満ちた日常に戻れますよう心より終息を願っています。

 

今後ともスタッフ一同、再開に向けて日々準備を進めておりますのでよろしくお願いいたします。

廣田将人のバーテンダー奮闘記 第2話

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎


f:id:Sherlock2016:20210524201224j:image


第二回目のテーマは、シャーロックでも大人気ラム
デパズ レゼルブ・スペシャル VSOPです!


カリブ海に浮かぶ島マルティニーク島で造られるこのデパズですが、その歴史は古く、蒸溜所が建てられたのはなんと1651年で現在の蒸溜所は1902年のペレ山の噴火の時に再建されたものだそうです。


オーク樽で7年間熟成されていて、バランスが良く、まるで良質なブランデーを飲んでいるかの様な印象です(*゚▽゚*)
これは吉本が絶賛するのも納得です、、


そして、個人的にずっと気になっていたのは「なぜラムなのにVSOPなの?」という点でした!


詳しい経緯については分からなかったですが、マルティニーク島がフランスの海外県であることは大きく関係してるみたいですね!
フランス国内で販売するのに顧客に分かりやすい、海外にはフランス産のラムであることをアピールしたいなど、
またマルティニークAOCにはVSOPやXOなどの規定がないことからもブランディングの一環としてこの表記を採用していると推測されているみたいですね( ̄▽ ̄)!

廣田将人のバーテンダー奮闘記

淡路島から上京してはや5年、令和という新しい時代に、自らの夢を目指して奮闘する、廣田将人の勉強日誌‼︎

 

f:id:Sherlock2016:20210518113552j:image

 

記念すべき第1回目のテーマは…


個人的にも大好きなスコットランドシングルモルトウイスキーモートラック12年」について知識を深める事にしてみました!


「ダフタウンの野獣」という異名があるこのモートラックですが、蒸溜所の歴史について調べてみると創設されたのは1823年でなんとダフタウンで最初の蒸溜所だったんですね!


熟成にはバーボン樽とシェリー樽が使用されていて、スモーキーというよりはフルーティで力強い味わいというのが印象的です!


そして、最大の特徴でもある「2.81回蒸溜」とも表現される独自の蒸溜方法についても調べてみました!
簡単にまとめると蒸留する過程で3種類のタイプの違う原酒を造り、最後に合わせることで新しい原酒を造り出すという方法みたいなんですが…
なんだか複雑すぎて頭が痛くなってしまいました(-_-;)


この複雑な工程を経てこの深い味わいが作られていたんですね。
なんだか妙に納得しました!


勿論、ストレートで味わいながらゆっくり飲むのが大好きなんですが、
これからの暑い季節にエアコンを効かせた部屋で外を眺めながらハイボールでスッキリ飲んでみたいですね( ̄▽ ̄)!